2005年12月31日

異文化が引き起こす戦争/NHKに物申す!

今日、BSのNHK衛星第1放送でやっていた『戦後60年』という番組を見た。

ルワンダ、インド・パキスタン、ボスニア紛争など、ここ最近60年間にあった他国の戦争や紛争などの問題についての内容で、同じ民族同士の無意味な争いや他民族国家の統合の難しさについて改めて知ることが出来た。

グローバル化が進む現代社会、他国の価値観を尊重し、文化に独自の価値を認め合う所謂“文化相対主義”でなければ政治や経済など様々な面で円滑に物事を動かすことは難しいが、複数の異なる文化が存在する限り、受容と変容が生じることは確かである。

しかし、そのような文化の違いなどによって戦争や紛争を起こすことに遺憾を感じる。
何故なら全世界共通の行動基準(文化のスタンダード)など存在しないのだから。
キリスト教とイスラム教の差異など、お互いの文化についての知識がないから衝突が起きるのだと思う。

文化の情報不足以上に、考え方や感じ方の違いが異文化間の相互理解を難しくしてしまっていると思う。
目に見える差というものは、誤解の理由もすぐに分かり対応しやすいけれど、価値観の差はとらえにくいだけに誤解が積み重なり、人種的な偏見へと繋がり、戦争にまで発展してしまうと考えている。
文化に差がある以上、この問題をゼロにすることはいかに難しいかを痛感した。

最後にNHKに言いたいが、現在戦争を知らない日本の若者達にこのような番組を通して戦争とは何かを訴えかけることはいいかもしれないが・・・あまりにも過激なシーンが多過ぎるた・・・。
特に最終章のボスニア紛争の虐殺の場面など、モザイクも全くかけずに3回も同じ映像を流すなんて青少年に対しても有害だと思うし、逆効果になる気がする。
見てた自分自身も結構ショックを受けた。 僕以外にも同じように感じた人も多いのでは・・・??
ここ最近NHKは不祥事が続いており 視聴不払いが続出しているが、折角のいい番組、 もう少し配慮があってよかったと感じた。  




posted by Hiro at 02:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最下位に。。。
Excerpt: 中村選手は、お休みだったけど。。。△△ Celtic 0-1 Dunfermli
Weblog: ららら★E!blog*自分TV*amuk
Tracked: 2005-12-31 11:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。