2006年09月26日

管理人Hiroの現地情報タイカンボジア編

イギリス長期滞在から一転 管理人Hiroは帰国直ぐ 今度はゼミで一気に真夏のタイ・カンボジア入り。   気候だけでなく国の状況もイギリスとは見事に 全く違う。
タイはバンコクを中心に栄えてはいるが 観光客目当ての超高級ホテルが並ぶ一方 街には野良犬がうろつき 物乞いに座り込むものもいる。
市場など人の集まる場所では スリなども多く 気が抜けない他 衛生的にもよくない。  また夏場は雨季で日に2〜3度は 突然バケツの水をひっくり返したようなスコールに見舞われる。 蚊なども多く 免疫のない日本人には 厄介だ・・・。  特に夜に出歩くには要注意。  マラリアの蚊が 夜になると行動を開始するらしい。

こんなことばかり書くと 行きたくない〜!と思うかもしれないが 物価が安く アユタヤをはじめ遺跡が今も多く残されている。
タイからカンボジアに入ると更にその状況は悪くなる。 子供達の物乞い・・学校施設にすらも まともに飲める水さえない状況だ。
まだまだ裸足の子供も多い。  教科書も皆で使い回しだ。

村にTVをみつけ驚いたが 何とバッテリーを使って見ていた。
タイでは一見旨そうで超辛い料理が多かったが カンボジアの味付けは比較的日本人にも合うようだ。
またカンボジアの街には 地雷で手や足を失った子供もよく見かけられる。
今も多くの地雷が残されている為 あまり人の 足を踏み入れていない場所には入らないほうが無難だ。 

カンボジアでは蚊の他 サムライ蟻? という茶色の蟻に悩まされた。 水でぬかるんだ場所が多い為 サンダルを使うが このアリには参った。
かまれると 跡が痒くてたまらない。  
またトイレ状況も悲惨だ・・・。 

突然タイで軍事クーデターが起きた。
カンボジアにはその情報は 当初全く入って来なく 何と 日本の家族からの携帯メールで知らされた。
「タイで軍事クーデターだよ!あんた帰って来れないんじゃないの?」と。  やばい! 飛行機が飛ばない!?
空港閉鎖になったら このまま日本に帰れない・・・><?
帰りも バンコク経由での飛行機の手配をしていたが 急に現地に飛行機がなくなったという情報が入り あせった・・・><。

結局 担当官に 前から予約を入れていたことを必死で伝え(こんな所で英会話が役立つとは・・笑) 何とか全員無事帰還。
このカンボジアの村でもボーダフォン3G使用可能な事に驚き。 海外では頼りになる・・・。  しかし現地の情報を日本からの携帯メールで知るとは・・・笑える。
しかしボーダフォン以外の日本国内の携帯とはやはりカンボジアでは やり取り出来なかった。   帰国と共に一気に皆から心配メールが届いた事で日本でのニュースの大きさが伝わった。

本当の日本の良さは日本にいても判らない。
海外から帰ると 蛇口をひねれば飲める水がいくらでも出る・・・トイレでは紙が使えそのまま水洗で流れる・・・ 無料の公衆トイレはあちこち・・・衛生面の心配も殆どない食事・・・と
上げればキリがないが 自分達がどんなにめぐまれているか 皆さんも もう一度考えてみてはいかがでしょうか・・・
※写真をクリックして下さい※
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 152.jpg
カンボジア街並み
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 153.jpg
カンボジア街並み2
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 196.jpg
アンコールワット遺跡群
 ????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 238.jpg

????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 225.jpg
象とトゥクトゥク(乗り物)
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 136.jpg
カンボジア村 住居(何とTVが!バッテリーで)
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 143.jpg
椰子を料理
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 126.jpg
井戸(上に乗り 足で踏むと水が)
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 135.jpg
カエル獲り籠
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 174.jpg
学校
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 158.jpg
まだまだ裸足の子供もいる
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 175.jpg
教室内
〓〓〓.bmp
な!何だ!?これでも体長30センチ
????〓〓E〓〓〓×〓@〓〓 264.jpg
足を失った子供達
〓〓〓×〓??????α??.bmp

posted by Hiro at 16:19| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

管理人Hiroの現地情報英国編6

俊輔の夢の欧州CL 日本人初ゴール!見事でしたね。
あの真っ赤に染まるオールドトラフォードを俊輔のFKで一瞬にして凍りつかせましたね。   
セルティックのサポーターも大勢応援に来ていたようです。  
負けは悔しいですが これで益々俊輔の名が 世界中に広がる事でしょう。
嬉しい限りです。
ところで 帰国もだんだん近づいてきたので これまでの集大成という事で今回は これまでのフォトの一部を掲載します。 
イギリス スコットランドの雰囲気を少しでも皆さんにも味わって頂けたら幸いです。
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 844.jpg
ヒースロー空港(まだこの時はテロ警戒前)
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 226.jpg
ロンドン キングスクロス駅
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 332.jpg
ハリーポッターはここから・・・
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 090.jpg
ケンブリッジの街
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 384.jpg
エディンバラの街
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 479.jpg
クラブ創立者ブラザーウォルフリッド像(セルティクパーク)
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 432.jpg
セルティック チケットセンター内
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 437.jpg
オフィシャルショップ内
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 473.jpg
セルティックパーク内
????〓〓[.bmp
試合1 アシスト〜!!
????〓〓[??.bmp
試合2 勝利!お疲れ様〜
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 516.jpg
グラスゴーの街(これでも もう夜です)
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 470.jpg
知り合ったサポーター達と(日本人の子供?が一人で観戦?とビックリだったようで)
??????〓〓〓〓×?????? 137.jpg
ケンブリッジの仲間達1(右端トムはケンブリッジ医学部生!)
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 652.jpg
ケンブリッジの仲間達2
??????〓〓〓〓×?????? 027.jpg
イギリスといえば・・・
posted by Hiro at 17:26| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

管理人Hiroの現地情報英国編5

暫しの休養を日本で過ごした俊輔も帰国(?) 9日のアバディーンのアウェー戦を皮切りに 俊輔にとっては初のチャンピオンズリーグ出場という新たな舞台を前に チームの厳しい練習がまた始まった。   
しかも初っ端から 欧州CLは マンUとアウェーで戦う事が決まっているセルティック。  日本人としての出場は4人目?だが まだゴールを決めた選手はいない。 是非自信あふれるプレーで日本人チャンピオンズリーグ初ゴールを決めて欲しい。   

リーグ戦  カップ戦  そしてチャンピオンズリーグ・・・とこれから 超ハード日程をこなすことになるが ペトロフもいなくなったセルティックを引っ張る為には どうしても 俊輔の活躍が不可欠だ。  自らの手で掴んだチャンピオンズリーグの切符  世界中にアピールする為にも W杯での悔しさをここで思いっきり晴らして欲しい。 

ところで・・・   
今回は少しこちらでの生活の様子を皆さんに。
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 132.jpg
ブルースカイ!!ケンブリッジ
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 181.jpg
皆さんもどこかの映画でご覧になっているかも・・・
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 359.jpg
食堂 バイキング形式。 前もってチャージしたスワイプカードで支払う。 出てくる料理の味は・・・mm笑 だが飲み物の種類は豊富。
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 160.jpg
モーニングです! 
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 162.jpg
コーラの黒缶 zero 日本ではまだ見かけません。 味は日本のダイエットコーラとほぼ同じ。(日本では2007年に発売になりました)
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 148.jpg
食べ物に飽きると近くのスーパーへ・・・。 肉類のコーナーは充実。 ラム肉は日本と違い臭みもなく美味しい。  
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 087.jpg
図書館
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 355.jpg
寮内の様子 my room 勿論クーラーはなし。 ごみ箱を部屋のドア外に出しておくと、「起こさないで」の合図。 ここだけの合図か?
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 356.jpg
先日 セントミレン戦後の翌日のスポーツ紙をちょっとあさってみました。    NEWS OF THE WORLD です。
新聞の表紙を飾っているのは勿論セルティック!
〓〓〓〓〓〓Э 021.jpg
マクマナスに抱きついているのはアシストした俊輔

〓〓〓〓〓〓Э 023.jpg

〓〓〓〓〓〓Э 024.jpg
中身にも・・・俊輔が!

posted by Hiro at 15:46| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。